インドネシア語のテレビドラマを楽しむコツをスクールオーナーが解説

インドネシア語のテレビドラマを楽しむコツをスクールオーナーが解説

目次

はじめに

https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

じゃかるたインドネシア語レッスン
代表の清水純子です。

今回はあなたがインドネシアのテレビドラマを
楽しめない2つの原因について解説します。

https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

テレビドラマを楽しみたいのにドラマの中の
インドネシア語がよく分からないことってありますよね。

ドラマのインドネシア語を理解するコツがありますが
知らないで楽しめない人も多いです。

https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

動画ではインドネシアのテレビドラマを
楽しめない2つの原因が分かります。

https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

インドネシアのテレビドラマが楽しめる
具体的な方法が分かるようになるので

ぜひ最後まで見ていってください。
https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

インドネシアのテレビドラマを楽しめない2つの原因

https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

多くの人がインドネシアのドラマを
楽しめない理由は次の2つです。

① インドネシアの社会・文化・宗教の予備知識がない
② インドネシア語のスラングを知らない

https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

この2つについて順番に解決策を見ていくんですが
今回はなんと!

SCTVというテレビ局で2007年~現在
毎年ラマーダン月(断食月)の毎朝放映されている

Para Pencari Tuhan(神を探す人たち)という
人気のテレビドラマの中で実際使われている単語を

ピックアップして紹介していきます。

https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

それらの単語が全部出ている動画が見れる
Para Pencari Tuhan の Instagram
リンクはこちらなので実際に視聴して
今日出てきた単語が聞き取れるか試してみてください。

 

原因① インドネシアの社会・文化・宗教の予備知識がない

https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

例えばあなたは次のような語句の意味が分かりますか?

① DPR ② RT ③ Pak Haji
④ Astagfirullah ⑤ kiamat

分からないものがあってもがっかりしないでください。

教科書とテレビドラマのインドネシア語は
かなり違うので分からなくて当然なんです。

インドネシア語の言語だけ学んでいても
インドネシアの社会・文化・宗教の知識がなければ

これらの語句は分からないし
ドラマを見ても理解できないですね。

① DPR : Dewan Perwakilan Rakyat(国会)

この国会が行われる建物がジャカルタの
Slipi と呼ばれる地区の方にあって

Gedung DPR(国会の建物)の Gedung を略して
DPR(国会の建物)になることもあります。

よくここでデモがあったりするので

ジャカルタに住んでいる/住んでいたあなたは
既に知っているかもしれないですね。

② RT : Rukun Warga(隣組)

インドネシアの住所でよく出てきます。

③ Pak Haji(ハッジ/大巡礼を終了した男性の呼び方)

④ Astagfirullah : Aku mohon ampun kepada Allah
(神さまに私は許しを乞います)

ムスリムが悪いことを見たり聞いたり
失敗したりした時に言う決まり文句です。

Astagfirullah がもとになって宗教に関係なく
インドネシア語では astaga という言葉になっています。

⑤ kiamat(終末の日、最後の日)

 

原因② インドネシア語のスラングを知らない

https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

先に言っておきますがこれからご紹介する単語は
ジャカルタなどで使われているスラングなので

あなたが何気なく使うと失礼になったり
品格を疑われたりするのでご注意ください。

たくさんあるのでどんどんご紹介していきますね。

gebukin(殴ってやる)
kata dasar(語幹):gebuk

接尾辞の in 自体がスラングです
gebukin は menggebuk のことなんですが

同じような意味でフォーマルなのは memukul(叩く)
kata dasar(語幹)⇒ pukul

あなたがトラブルなどに巻き込まれた時にこの言葉を
言っている人がいたら逃げた方がいいです。

beres(片付いた)
⇒ スラング的 beres(上手くいった)

「全てうまくいった」というような意味で
スラング的に使われます。

よく物事がうまく進んだ時に
Sudah beres と言ったりします。

berantam/berantem(喧嘩する)

「喧嘩する」のフォーマルな言い方は berkelahi です

kayak ⇒ seperti(~のように/ような)
gini ⇒ begini(このように/ような)

duit ⇒ uang(お金)
mah ⇒ mama(ママ、お母さん)

などなどご紹介しきれないほどあるので

続きの単語は実際のドラマのリンクと一緒に
概要欄に書いておきますので

もっとテレビドラマを楽しみたい/スラングを知りたい
と思ったら概要欄を確認してください。

まとめ

https://youtu.be/Ik_dfA-SBRI

インドネシアのテレビドラマを理解するためには

ひとつ目にインドネシアの社会・文化・宗教の
予備知識を得る必要があります。

ふたつ目にインドネシア語のスラングを
理解しなければいけません。

これらの2つができればインドネシアの
ドラマを楽しめるだけでなく

インドネシア人同士が話している言葉も理解できて
会話に加わることができるようになってきます。

インドネシアではテレビドラマによって言葉の乱れが
起こっているという見方もあります。

ですので私たちもスラング/ノンフォーマルの
インドネシア語を覚える時には

フォーマルなインドネシア語とセットで覚えて
使い分けられるのが良いことを覚えておいてください。

インドネシアのテレビドラマを楽しめない2つの原因
についてお話をさせていただきました。

Youtubeの動画の概要欄にドラマのリンクと
今日ご紹介しきれなかった
単語の続きがあるのでぜひ確認してください。

Terima kasih
(ありがとうございました)

Sampai jumpa di video berikutnya
(この次の動画でお会いしましょう)

🌺https://www.youtube.com/@bhs-indonesia 👈

Youtube「インドネシア語ワンポイントレッスン」とは

 

https://www.youtube.com/@bhs-indonesia

ワンポイントレッスンは毎週木曜日
日本時間20時配信(過信禁物)です!

LINEお友だち募集中

インドネシア語を上達させるステップが学べたり
新しい動画のお知らせが届いたりします。