インドネシアあれこれ

【在マレーシアのインド人直伝カレーとビリヤニ】インドネシア、アチェ州

この黄色いのジャガイモと思っていたらパイナップル。

【在マレーシアのインド人直伝カレーとビリヤニ】
Nasi Biryani dan Kari, Resep dari Orang India di Malaysia

港に向かう海沿いの露店ボックスカー

炊飯器で作ったのかな? 確かに炊飯器で作ると楽ですよね。Bawang Goreng(小赤玉ねぎを揚げたもの)はジャワ島のものと同じような感じ。

平日の夕方、
まちの道々の中でも特に海に近い道々には
食べ物の露店が並んだりします。

ここはウェー島へ行く船が出ている港に行く
途中の海岸沿いの道路

ボックスカーでやって来た食べ物の露店が
思い思いの店を出し
そこに人が集まり賑わっています。

手軽に買えるビリヤニご飯

ボックスカーで路上販売。テーブルにちゃんとテーブルクロスをかけてます。

道路沿いで大好きなインドのビリヤニとカレーを発見!

この方たちはマレーシアで
インド人のお店で働いていたので

その時の技術を生かして
ビリヤニとカレーを売っているのです。

マレーシアの首都クアラルンプールには
飛行機で1時間半ぐらい近いです。

ジャカルタまでは3時間ぐらいかかるので
その半分ぐらいの距離なんですよね。

今は飛行機が正常に飛んでいないので
近いのに遠くなってしまっていて

乗り継ぎ×乗り継ぎで
13時間とかかかるそうです。

はやくここから1時間半のマレーシアにも
足を延ばしたいものです😘

山羊カレーがおススメ

アチェ州の食べ物は容器にちゃんとお金をかけることが多い。お店の名前入りのボックス。

カレーは鶏肉のカレーもありますが
山羊がおススメ。

アチェの山羊は本当に美味しいです。

何しろカレーリーフが完全に
この土地の木になっていて
ふんだんにありますからね。

カレーにすると本当に美味しいです。

カレーリーフの木はジャカルタだと
入手がとても難しく
昔自分の家に植えていたのですが
枯らしてしまいました😭

ここに来たら
山羊カレーとビリヤニは
食べるのが「義務」なんですよ😆

インドネシア語を学べば
インドネシアの美味しいものが楽しめる

ビュッフェ(バイキング)方式みたいな器にオカズを盛って、テーブルもホテルでのビュッフェみたいにカバーリング。

『最短でインドネシア語が
上達する4つのステップ』で
インドネシア語を学べば
今まで知らなかった
インドネシアの味を色々
試すことができますよ!

こちらからご確認ください😊

『最短でインドネシア語が上達する4つのステップ』を無料プレゼント中🎁