インドネシアあれこれ

ジャカルタから飛行機で3時間・インドネシア語を学んでアチェ一人旅


【ジャカルタから飛行機で3時間・インドネシア語を学んで一人旅】✈️
Salah Satu Murid Kami Akhirnya Bisa Jalan-Jalan Sendiri ke Daerah Istimewa Ini

インドネシアの端っこだから日本人は少ないアチェ

絵葉書(古い?)のようですね(^^♪

Bさんはインドネシア語のレッスンでいつも見聞きしていて、ずっと気になっていた場所がありました。

友だちに色々相談してみるのですが、それらしい情報を持っている人はいません。

周囲の心配をよそに、ついに一人旅する決心をしたBさんは海が大好き

キレイな海でシュノーケリングして

サンゴと熱帯魚を見る計画です。

この地に来る日本人はとても少ないです

だから日本語の情報はとても少ない。

来たことがあるよという話を聞くと

ビジネスで来る人のほうが多いです。

他にも色々理由はありますが

だから観光情報は少ないんです。

ディーンフジオカさんがロケで来た場所

知る人ぞ知る欧米人と思われる人々もウェー島へ向かう。

そんな場所柄なのですが

2004年にスマトラ沖大地震による

ものすごい津波の被害で「有名」に🌊

そして2018年の映画「海を駆ける」で

ディーンさんファンにとっては有名な場所に。

私は反対でこれをきっかけにディーンさんを知った😆

その映画のあらすじは

こんな風に始まります・・

「日本から移住しNPO法人で災害復興の

仕事をしながら大学生の息子タカシと暮らす貴子・・」

アチェはマレーシアにとって超有名、ヨーロッパ系の欧米人も

空の入口はここ。

古くは国際的な港を中心とした王国が

マレー半島や他の東南アジア地域にも

影響を与えていました。

古代マレーはここから始まったと

考えられているので特にマレーシア人は

地理的にも近く大勢のツアーを組んでやって来ます。

そして、知る人ぞ知る的なヨーロッパ系の

羽振りがちょっと良さそうな?欧米人が

こちらの法律に従いちょっと長めの衣服を着て

やって来ます。

学んだインドネシア語を使ってアチェを旅できた🇮🇩

Bさんがジャカルタでは得られないような

安心・安全で自然を満喫できる旅を

ひとりで楽しむことができたのも

この地が安全であることが第一の理由です。

そして第二にご本人のインドネシア語力に

よるところが大きいです。

Bさんはインドネシアに来る前から

コツコツと勉強を続けてきたのですが

インドネシアに来てからは

上達のスピードもアップ🆙

今回の旅で「またここに来たい」という

気持ちになったそうなので

そのモチベーションをバネに

インドネシア語の方も更に上達していくと思います!

インドネシア語を使えるようになると旅が100倍楽しくなる


インドネシア語は旅の必需品。

『最短でインドネシア語が上達する

4つのステップ』でインドネシア語を学ぼう!

こちらからご確認ください😊

『最短でインドネシア語が上達する4つのステップ』を無料プレゼント中🎁