インドネシアあれこれ

咳にも肌にもよく調味料にもなるインドネシアの海岸に多いマツ科モミ属の木の効用🌲

Cemaraの木にも種類があって、海岸にあるCemaraと陸にあるCemaraでは違うらしいです。

Manfaat Pohon Cemara

インドネシアの海岸に行くとよく生えている杉に似た木。

Cemaraの木がある海岸の茶店。

それはインドネシア語でCemaraといいます。

かなりの大木。
松のようだけどもっと柔らかな葉が落ちてきます。
小さな松ぼっくりも落ちてきます。

植物と言えばその効用をとかく調べるのがインドネシア。

この裏に海水をポンプで汲んで作った養魚場があるので、その人の別荘?

さて、このCemaraの効用は?

  1. ストレスを減らす ⇒ 近くに行くとストレス軽減?😊
  2. 気管支炎と咳によい ⇒ 森林浴がいいのか、それとも葉っぱを煎じたりするのか不明😆
  3. 根は回虫に効く ⇒ 根はどうするか不明だけど、大木になっていると根の採取は困難ですね😆
  4. 調味料 ⇒ どんな調味料なのか不明😆
  5. 土壌の浸食を防ぐ ⇒ 海岸の浸食が防げるかもしれませんね😊
  6. 土壌の肥沃化を助ける ⇒ 落ちた葉っぱが栄養になるとかでしょうか🤔
  7. 皮膚の健康を維持する ⇒ 興味ありますね😊
  8. 装飾になる ⇒ そうかもしれませんね😊

ここは津波の被害がひどかった場所

インドネシアはサッカー場が多い。広々、青々でいいですね。休憩所もあるし。地面には津波の時のものと思われるガレキが。海岸に近いけど、ここも集落だったのでしょう。

津波にあってもなお木は生き続けています。
木の下の方を見ると住宅の壁だったものと思われるガレキがゴロゴロ。
おそらく、津波にあって崩壊した住宅のガレキなのでしょう🌊
それでも、なお木は生き続け、人の数は減ってしまいましたが、なお憩いの場所となっています🌲

インドネシア語を学ぶとインドネシアの植物が分かってくる

『最短でインドネシア語が上達する4つのステップ』でインドネシア語を学べば、インドネシアの植物のことがよく分かりますよ。

色々な効能を持つ植物もとても多いので興味深いですね!

『最短でインドネシア語が上達する4つのステップ』を無料プレゼント中🎁