文法

pe+bisnisがpembisnisにならないインドネシア語接頭辞の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
語幹に接頭辞や接尾辞がついて、語形変化するインドネシア語。

語幹の頭文字がアルファベットの何で始まっているかによって、接頭辞は形が変化します。

接頭辞の変化の仕方には法則がありますが、法則通りでない例外もあります。

語幹の頭文字がbで始まる時の接頭辞の変化

例えば、語幹「baca(読む)」というものがあります。

pe+baca=pembaca(読む人、読者)となります。

語幹がbacaの場合は、頭文字がbで始まっているため、接頭辞pe(の要素)がつくと、peではなく、pemにならなくてはいけないという法則なのです。

他にも、例をあげてみましょう。

pe+buat(作る)=pembuat(作る人、製作者)

pe+borong(買い占める)=pemborong(買占め者)

というようになります。

pe+bisnis=pembisnisにならない訳

なぜpe+bisnis=pembisnisにならないかというと、bisnis(ビジネス)の場合は例外だからです。

語幹であるbisnisは外来語なので、法則通りに変化してしまうと、大変言いにくいです。

外来語の場合はこのような例外になることが往々にしてあります。

もともと、pe+bという発音は大変言いにくいです。

試しに、pebacaと発音してみると、言いにくいのが分かります。

言いにくいからこそ、言語ができ上っていく段階で、語幹の頭文字がbで始まる場合は、pemと発音するようになったのでしょう。

「発音しやすいように」言語が形成されてきたとすれば、外来語が語幹になる場合は、形式通りにいかないのです。

pebisnisが正しいことを検索でチェックしてみよう

正しいインドネシア語は、Kamus Besar Bahasa Indonesia (KBBI)で確かめることができます。

Kamus Besar Bahasa Indonesiaとは「インドネシア語大辞典」であり、KBBIと略されます。

検索窓に「bisnis kbbi」とタイプして検索してみましょう。

すると次のサイトが上位表示されます。

https://kbbi.web.id/bisnis

このページを見て、pebisnisという言葉が載っていることが分かります。

このように、「探したい単語+kbbi」という組み合わせで検索してみてください。

語幹に接頭辞や接尾辞がついた単語を確かめるときに便利です。

KBBIに載っている言葉は正しいので、安心して使ってくださいね。

 

清水純子へのお問い合わせはこちらから。

無料メルマガはこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る