インドネシアあれこれ

引き潮時限定内部を公開、日本軍のトーチカ(小規模な軍事防御施設)インドネシア、アチェ州


めったに見れないですよね。ここでどんなドラマが繰り広げられたのでしょう😥

【引き潮時限定、日本軍のトーチカ(小規模な軍事防御施設)に入ってみた】
Benteng Jepang di Pantai Ujung Batee🌊

海岸に点在するトーチカ(小規模軍事防御施設)

「煙突」が入り口に向かって左右にある。

トーチカは日本語では
特火点(とっかてん)と言っていたそうです。

日本軍が恐らく
労務者(インドネシア語もromusha)に
造らせたんですね。

2004年12月のスマトラ島沖大地震による
津波で海岸線が変化してしまったので
今は海水に浸かっているんです🌊

津波前は海岸の浜にあったんですが・・

入口から入ってみると・・

それで引き潮の時にしか中には入れません。

ディーンフジオカさん主演の映画
「海を駆ける」のロケ地だということで

昔見に行った時は満潮で
近づくことはできませんでしたが

今回は見れました😂

中にあったものは・・

腰丈ほどの高さにある溝。銃弾置き場?
120度ぐらいの角度で3つの面で構成されている。

ご覧の通りです(動画)

銃弾を置いたのでしょうか?

腰丈ほどの壁のようなものの上部に
溝があります。

その溝の深さはせいぜい20センチ
ぐらいに見えます。

溝には引き潮で置き去りにされた
海水がたまっていたのですが

手を突っ込むのも嫌だったので
目視なんですが

手の高さに合うので銃弾置き場?
という勝手な想像です。

このトーチカには「煙突」もあり
窓のようなものの上部が「煙突」
上部に抜けているようです。

何のために使ったのでしょう。

空気穴?

こちらの人は全く無関心で
ただそのまま放置されています。

でも日本人だったら先祖の残したものを
見てみたいと思いませんか?

インドネシア語を学べば
日本のことをインドネシア目線で
見ることができる

『最短でインドネシア語が
上達する4つのステップ』で
インドネシア語を学べば

今まで知らなかった
「インドネシア目線の日本🇯🇵」
のことも見えてきます。

こちらからご確認ください😊

『最短でインドネシア語が上達する4つのステップ』を無料プレゼント中🎁