インドネシアあれこれ

【デラウェアにマスカット、インドネシアでブドウ栽培】 Tanaman Anggur🍇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブドウを見せてもらっていたらモスクから礼拝の呼びかけの声が。

あなたはブドウがお好きですか?

インドネシアで買えるブドウはチリ産のものが多いです。

Anggur Bali(バリ島のブドウ?)というのもありますが、ちょっと私たちの知っているブドウとは違うようです。

インドネシアでブドウを食べようと思ったら輸入物に頼るのが当たり前。

でも自家用に趣味で栽培している人がここにいました!

黒い紐は電話局でもらってきた廃材のコード。棚(たま)も柵(さく)も鉄骨柱も全て手作り。

普段は公務員のBさん👨

苗はジャワ島のスマランからネットショップで購入。

(ここより涼しいスマランでは果樹栽培が盛んですね)

栽培方法もジャワ島のユーチューバーの動画を見て学んでいます😊

家にはインターネットを完備😎

実家が建っていた土地なので土の中にはガレキだらけ。

ブドウ以外にも色々あって、これはkedondong(アンバレラ)という果物。ジャカルタで食べるものより、かなり美味しい。

なので既存の土の上に購入した土を置いて周りを木板で囲い植木鉢のようにして植えています。

柵(さく)も手作りで果樹園には南京錠で鍵をかけているんですよ。

棚(たな)も電話局でもらってきた廃材の電線を利用して手作りしたもの!

デラウェアみたいなブドウは大粒だけどデラウェアの味🍇

今までインドネシアで食べたどのブドウよりも美味しかったです!

年中収穫できるし鉢でも育つからいいですよね。

もちろん世話をする根気が必要です!

インドネシアに移住したいあなただったら、家庭菜園は楽しみのひとつになりそうですね😊

インドネシア語を頑張って勉強しているのに思うように上達しない・・?

インドネシア駐在、仕事、旅行で語学上達が必要なあなたへ、インドネシアで25年間教えている老舗スクールがインドネシア語の学習ステップを伝授します。

延べ507人をレベルアップさせた『最短でインドネシア語が上達す4つのステップ』の無料動画とメール講座全12回プログラムを今だけ初公開しているので是非こちらからご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る